鼻下脱毛 禁止

鼻下脱毛を受ける上での禁止事項は?

鼻下脱毛ダメ

 

これから鼻下脱毛を受けるという方に、覚えてほしい禁止事項が何点かあります。
脱毛効果や肌トラブルなどに関わることですので、必ず覚えて、気を付けるようにしましょう!

 

 

日焼けをする

 

日焼けをしてしまうと、肌がダメージを負ってしまい、
その程度のよっては脱毛が出来なくなってしまう場合があります。
それに加え、肌の色は黒くなればなるほど、
ムダ毛だけでなく肌にも光が分散してしまうため、脱毛効果が低くなってしまう可能性があります。

 

また、施術後も日焼けは厳禁です。
鼻下脱毛を受けた後の肌は、紫外線からのダメージを受けやすくなっています。

 

鼻下脱毛を受けている期間は、日焼け止めはもちろん、
マスクや帽子、日傘などを利用して、万全な日焼け対策をしましょう!

 

 

自己処理で毛を抜く

 

鼻下脱毛の仕組みは、毛根に光で熱を与えてダメージを負わせます。
照射するたびにダメージを与え、少しずつ脱毛効果が現れていきます。

 

毛抜きなどでムダ毛を処理してしまうと、
ダメージを与えるはずの毛根がなくなってしまい、脱毛効果が現れなくなってしまいます。

 

鼻下脱毛をしている間は、生えてきたムダ毛が気になるとは思いますが、
毛抜きなどで抜くのではなく、剃刀や電気シェーバーなどで剃って処理をしましょう。